考え

種銭をどうやって作ったか?!過去を振り返って検討してみる。

どうもこんにちは。

ブログを始めてから4ヶ月程経ちました。

当初の目的は、投資実績の備忘録にすることでした。

今も、この目的については変わり有っていません。

 

ブログを始めるようになってから、当初の目的以外の副産物が得られていることを実感しています。

まずは、自分自身の資産運用状況が明確に把握できるようになりました。

(全体の資産状況については、後日時間をまとめて記事に興したいと思います。)

次に"今後の運用方針"を容易に振り返ることが出来るようになったことです。

 

ブログを始める前も、これらについては頭の中で考えてはいました。

ただ、実際にノートにメモする等の作業は一切行っていませんでした。

そのせいか、時間が経つ毎に、保有資産状況や運用方針を忘れてしまうことが多々ありました。

しっかりと目に見える形で、運用履歴を残していくことは、自分にとって大変有益であると感じています。

 

さて今回は、"私が投資を始めるにあたり、どうやって種銭を作ったのか"

過去を振り返ってみます。

(;`O´)o<(前置きがながいわ!!)

 

初任給は!?社会人1年目のこと

私が社会人になったのは2001年4月です。

初任給は手取りで15万円程(15万円台だったはず)であったと記憶していますが定かではありません。

こちらに残業代は含めていません。1年目は殆ど業務上残業を行うことが有りませんでした。

毎月一律で15万円程の所得を得ていたと記憶しています。

 

さすがに当時の給与明細はありませんでした(まぁ当然か)。

ちなみに会社が借り上げたアパートに住んでいました。

そのため一部の家賃補助(実際かかる家賃の6割)は会社から頂いていました。

手取り15万円は家賃負担額を差し引いた金額です。

電気・ガス・水道代は自己負担ですので、15万円から支払う必要がありました。

 

当時は、投資について興味が全く有りませんでした。

ただ社会人1年目から、何となく貯金はしていました。

特に目的はありませんでした。恐らく、理由は分からないが将来が不安だったからだと思います。

生活費を月々10万円以内に抑える事を目標に過ごしていました。

(まぁ趣味とかも無かったですしねぇ。。。。。。プライベートが充実していたかというと。。。。。チョット微妙デシタガ。。。。)

確か60万円~70万円程を蓄えることが出来たと思います。



社会人2年目以降は出張頻度が多かった。

滅茶苦茶忙しい日々。おかげで種銭が残った!

 

2年目に入ってから業務が大変忙しくなりました。

主な業務は出張がベースでした。1年のうち約60%は出張に出かける生活を行っていました。

このような生活は前職を退職するまで続きました。

※約5年半ほど働いて退職しました。2006年に退職。

 

出張中は残業時間が大変多くなります(残業代を全額頂けたの有り難かったぁ)。そして出張手当を頂くことが出来ました(出張手当は非課税で頂ける。こちらも有り難い)。

かなり多忙でした。今振り返ってみるとお金を使う時間が少なかったと思います。大きな買い物としては車を買ったくらいです。230万位支払ったと記憶しています。そして社会人3年目に外貨定期預金を開始しました。(※豪ドルを200万円分換金し外貨的預金へ入れました。換金時のレートはAUD/JPY:78円くらいでした。毎年の利息は4~5万円くらいだったと思います。)

 

実は、この出張が私の種銭を作るキッカケになったと考えています。

結局、退職時に900万円程(外貨定期預金含む)蓄財できていました。

己の能力とは全く無関係です。気付いたら貯まっていたという感じです。

"この後、こちらの種銭を元にして投資へのめり込んで行きました。"


 

自分自身の過去(社会人5年目まで)を考察してみる。

私の場合は、お金が使えない状況に自分自身を置けた事がラッキーでした。

(これは自分が意図して実行したわけではありません。業務上そのような環境に身をおく事になりました。)

自由にお金が使える状況下にいらっしゃる方は、無理やり環境を変える必要があると思います。

給料から天引きして別口座に移していくことが大切だと思います。

給料天引き額を増やして、意図的に経済状況をギリギリにしてみても良いかもしれませんね。

一定期間かけて貯まった種銭を投資(資産運用だけでなく、自己投資も大事ですよね。)へ回していけば、新しい道を切り開くことが出来ると思います。

私は種銭を使って株式やFX等(他にも純金積立、債券etcもやったことがあります。)に投資をしました。実践投資を通して、良い思いをしたことも、苦い経験をしたことも有ります。

ただ、それらの経験から学ぶことは沢山ありました。つくづく経験は財産であると思えるようになりました。

経験を買うために蓄財するという発想もありではないでしょうか。

※駄文失礼致しましたm(_ _)m




横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.