FX(スワップ運用)

セントラル短資FX 運用状況

こんにちは。

今回はセントラル短資FX運用状況についてまとめてみます。

余り参考になりませんがリアルな運用状況です。

反面教師として見て頂ければと思います。

 

現在の建て玉状況

見事なまでに全ポジションに含み損を抱えています(/ω\)

目的はスワップ運用目的による"買いポジション"保有です。

唯一、南アフリカランドについては、スワップ益が含み損を上回っています。

このポジションは2013年1月に取得したものです。

5年10ヶ月という長い日々持ち続けていたと思うと感慨深いデス。。。。。

(当時は南アフリカランド10円越えていたんですね~)

なんとなく愛着も湧いてきたりしちゃいます(づ ̄ ³ ̄)

ちなみにトルコリラは2015年6月、2017年8月/12月、2018年1月に取得しています。

やっぱりトルコリラ安の影響を強く受けています。

スワップ益が含み損を打ち消してくれるには、2~3年掛かりそうです。

ただ、もう一段のトルコリラ安が来ると更なる時間が必要になるわけですがねェ

気長に待ちます。

 

これからの運用方針

毎度の事ながら放ったらかしで行きます。

いつもどおりです~

サラリーマンですので相場に張り付いている暇がありません╰(‘ω’ )╯

後、基本的に面倒くさがりな性格ですので:;(∩ ˘ω˘ ∩);:

何もせずに収益を積み上げるというスタイルで参ります。

 

メキシコペソが取引できるようになりました。

ついこの間からメキシコペソの取引が可能になりました。

やっぱり魅力は新興国通貨ならではの"高いスワップ益"ですよね~

ということでスワップ履歴を確認してみたところ

0円。。。。。( °Д°)

 

いつからスワップ益は享受できるのでしょうかねぇ

今日は情報を取得できませんでした。継続して調査していきます。

 

このMXN/JPYですが1,000通貨単位で取引可能です。

ということは、かなりの少額から始められるということですね。

5.480、5.260くらいま下がってくるようであれば少し"買いポジション"を保有してみようかと考えています。

 

横長タイプ

-FX(スワップ運用)

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.