FX(スワップ運用)

へなちょこトレーダーの現状をお見せします(ヒロセ通商口座偏)

こんにちは。

 

つい最近まで損切りが出来なかったへなちょこトレーダーこと”とりきち”です。

 

投資歴は15年です。

 

つい2年ほど前までは闇雲にトレードをしていました。

 

あとは損切りする勇気もなく、真逆に動いたポジションは”大きな含み損”をもった塩漬け状態に

 

損切りできないとこんな状態になりますよという教訓を皆様にお伝えしたいですね。

 

ということで、ワタクシのヒロセ通商口座状況を公開します。

 

 

にほんブログ村 投資ブログ 分散投資へ
にほんブログ村

 



 

BlogPeople「稼ぐ話」ブログランキング

 

 

 

 

ヒロセ通商口座状況

保有ポジション

 

悪しき例をトルコリラのチャートで確認

 

すごく目立つ含み損として、2017年9月に建てたトリコリラ円のポジションがあります。

 

なぜこうなってしまったか。。。。。。。

 

それはスワップ目的で永久保有をしようとしたからです。

 

予想外に大きく値が動きすぎてしまった場合、含み損を埋め合わせるだけのスワップを得ることはメチャクチャ時間がかかります。

 

今回のワタクシが持つトルコリラ円がそうです。

 

スワップ益>含み損

 

ココまでいくのに、もうそれは10年くらいの月日を要するでしょう。

 

 

最近のトレードスタイル

 

2019年はじめあたりから基本的にスワップ用でポジションを持ち続けることをやめることにしています。

とはいえ、去年の途中までは根拠のないエントリーを繰り返していた輪でですがねぇ。。。。。。。。

 

それではダメだということで、行っている投資スタイルがシンプルに”トレンドライン”とサポートラインを引いてエントリーするということです。

 

”トレンドライン”と”サポートライン”を引いて、その付近まで値が近づくのを待ちます。

 

ここで、一点注意しているのが”ライン付近での反転を待つ”ということをしています。

 

反転を確認したらエントリーです。

 

あくまで逆張り的な指値は入れないということをしてます。

 

以前までは逆張りでひたすらエントリー⇒急落に巻き込まれる

 

こんな悲惨な状況が続いていました。

 

ただ、このスタイルを行うようになってからは、段々と利益が積みあがるようになってきました。

 

そして、損切りポイントもアバウトで良いので決めておきましょう。

 

それは、”自分でいくらまでのマイナスを受け入れることができるか”で決定すれば良いでしょう。

 

下の図はワタクシが我流で引いた”トレンドライン”と”サポートライン”です。

 

 

 

 

 

◆メキシコペソ円

 

 

 

 

◆トルコリラ円

 

 

◆ランド円

 

 

 

 

 

まとめ

スワップ運用はラクチンに毎日利益を積上げてくれます。

でも逆に、大きな含み損を抱えるリスクもあります。

資金効率を重視するのであれば、やっぱりキャピタルゲインをとっていったほうが良いです。

あと損切りをしっかりしないと後で痛い目にあうこともあります。

 

 

あくまで投資は自己判断でお願いしますm(_ _)m

 

横長タイプ

-FX(スワップ運用)

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.