考え

25歳で投資を始めてから15年。投資をやり続けていたら意外と金融資産は増えていた。

 

ワタクシが投資を始めたのは25歳のころです。

 

それから15年が経つわけです。

 

今思えば、意外と金融資産が増えていたという見方がある一方、なぜ金融資産が残っていったのかという分析を怠ってきたという反省があります。

 

 

 

今の金融資産について

 

 

 

定期的に自宅の総金融資産について計算しています。

 

今時点における金額はというと

 

4,080万円あります。

 

ただし含み損が600万円ほど抱えているということを忘れてはいけないのですが。。。。

 

これまで行ってきた投資

 

メモ

国内株

純金積み立て

FX

海外株式

外貨預金

投資信託

 

 

 

投資をしてきた中で最も失敗したと思っていること

 

何が失敗かというと、取引の履歴を残してこなかったことです。

 

やっぱり、経験の蓄積と分析がメチャクチャ大切です。

 

過去体験した相場急落シーン

 

過去の相場体験のなかで、サブプライムショック、リーマンショック、キリシャショックなどといった、相場急落場面にはたくさん出会ってきました。

 

そんな急落シーンにポジションを買い増したことにより、大きなリターンが得られたケースが良く有りました。

 

ただ、リーマンショックのときはFXでカッツリ300万円ほど溶かしてしまったのですが。。。。。。

 

今思えば、そのリーマンショックも大きな利益を残すチャンスだったんだと思っています。

 

相場急落シーンを見越した現金保有も大切

 

相場急落シーンを見越して現金保有比率を上げていくことも時として重要かと思います。

 

過去のパニック相場では、株もFXもバーゲン状態に陥っていました。

 

軍資金が豊富にある方は、その時に備えての貯えがあってもよいでしょう。

 

ただし、軍資金が少ない場合は当てはまりません。

 

全財産が10万円しかないのに、いつ来るか分からないパニック相場のために資金を眠らせておいたパターンを想像して見て下さい。

 

これじゃぁ、ただの貯金になってしまいますよね。

 

軍資金が少ないうちは、短期的な勝負を繰り替えていったほうが効率は良いはずです。

 

もちろん、日々の生活においての貯蓄も忘れてはなりませんよ。

 

貯蓄 + 投資で増やしていく流れをどうやって作り上げていくかが大切ですね。

 

また、軍資金が100万円を超えてきた段階で、次の投資戦略フェーズに入っていくというのが個人的にはオススメしています。

 

早く始めたほうが有利

 

結局のところ、資産を大きくするには時間をかけていくしかないと思います。

 

才能ある方の場合は、トレードだけで資産を大きくできると思います。

 

ただ、ワタクシのように才能がない場合は、一気に大きな利益を積み上げるというのは難しいというのが現実です。

 

だって、日々の生活では、トレードでそんなに稼げてないですからね。。。。。

 

ただ、若いうちから始めれば理詰めで富裕層は十分狙えるという感覚を持っています。

 

その理詰め戦略に外せないのが”投資”ということです。

 

後は、資金を一気に溶かさないようにご注意下さい。

 

戦略的に積み上げることです。

 

それは、また別の記事で書いていきたいと思います。

 

 

 

まとめ

とりあえず、思い立ったら”投資”を始めましょう。

 

今日が人生で一番若い日ですよ!!

 

投資を続けていけば何か新しい道が開けるはずです。

 

一点注意を促すとしたら、”ただやみくもにやってもダメですよ”ということですね。

 

具体的な戦略については、また別記事で書いていきますね。

 

まぁ、いつでも出動できるよう株やFXの口座だけでも開設してみてはいかがでしょうか??

 

 

ヒロセ通商  豪ドルスワップ運用がオススメ

 

SBI証券口座 配当金履歴(2018年まで~2019年1月まで)

 

 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.