考え

投資初心者から脱却するために大切なこと!実体験から考える!!

こんにちは

 

このブログは富裕層への到達を目標としています。

 

なので、必然的にお金にまつわる話は多くなっていきます。

 

トレードや資産運用による実績も公開しています。

 

公開している内容は事実でして、本当に嘘偽りなく書いています。

 

このスタンスを崩すことなく、ずっと継続していくつもりです。

 

まぁ、このブログを読んでいてくださる方なら分かりますが、取引の派手さは全くありません。

 

 

 

 

 

 

投資初心者の頃を振り返る

 

FXのレバレッジ100倍

 

ワタクシが投資をスタートして早いことに15年が経過しました。

 

投資を始めたばかりの頃は、結構派手にトレードをしていたことを覚えています。

 

なにせ、FXだとレバレッジ100倍とかの時代でしたので。。。。

 

デイトレで稼げる方にとっては、FXの魅力を存分に味わえた時代だったのかもしれませね。

 

ただ、そんな時代も長くは続かずレバレッジ規制により、

 

段階的にレバレッジ倍率が引き下げられていったわけです。

 

円独歩安の相場

 

初心者の頃は、怖いもの知らずの取引をしていたワタクシ。

 

この頃は、円独歩安という相場状況でした。

 

円のキャリートレードが大きく行われていたのです。

 

円のキャリートレードとは、”低金利の円を売って、その他の高金利通貨を買う”ということです。

 

いわゆるFXのスワップ投資を考えてもらうと理解しやすいかと思います。

 

このトレンドによって円がどんどん安くなっていきました。

 

ですので、円売りでエントリーをしておけばとにかく儲かるという状況が続きました。

 

わたくしも、このときは完全に流れにのって円売りエントリーを

 

ひたすら行っていたわけです。

 

サブプライムショックがおこる

 

ただ、そのトレンドも終焉をむかえることになります。

 

2007年のサブプライムショックがキッカケで、大きく円高に相場が動いたのです。

 

サブプライムショックとは

 

このサブプライムショックというのを間単に解説しておきますね。

 

アメリカ住宅市場がバブル状態になっていいたと考えていただければと思います。

 

ようは、不動産価格の高騰です。

 

不動産価格が高騰することによって、不動産投資をする人が増えていきました。

 

ただ、ここで一点問題が。

 

銀行は、通常ローンを組むことができない低所得者層にまで、お金を貸してしまっていたのです。

 

高騰する不動産を売却すれば、担保できると考えていたんでしょうね。

 

ただ、バブルというのはいつかハジケルもの。。。。

 

不動産価格の暴落により、低所得者層への債券が焦げ付いてしまったのでした。

 

リーマンショックがおこる

 

そして、このサブプライムショックがリーマンブラザーズの破綻につながることになります。

 

このサブプライムローンというのが、債権化され証券会社などへ販売されていたわけです。

 

そして、その債券を大量購入していたのがリーマンブラザーズであったことになります。

 

世界的な投資機関であったリーマンブラザーズ。

 

これの倒産により、2008年の世界的な金融危機を迎えたという流れです。

 

リーマンショックで大損をくらう

 

ワタクシはというと、当然ながらこのリーマンショックによって大損をしてしまうわけです。

 

正確な数字は定かではありませんが、本当に数日間の間に300万~400万を

 

溶かしてしまいました。

 

このときのことは、いまだに忘れられません。

 

財産を失う恐怖。。。。。。。。。。。

相場を見ていて手が震える。。。。。。

画面を見て呆然。。。。。。

涙がうっすらこみ上げてくる。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

二度と味わいたくないです、本当に。

 

 

 

リーマンショック以降は投資スタイルを変更

 

そんなこんなで、リーマンショックで大打撃をくらって以降は、

 

投資スタンンスを大幅に変更することにしました。

 

まとめ

やっぱり基本は負けないということ、

 

あとは売りの大きなトレンドがくるときは”売りからエントリー”する。

 

ポジションを大きく張るときはストップロスをいれて最大損失を決めておく

 

こんな感じでリーマンショック以降の相場を生き残ってきました。

 

まず大切なことは相場から退場させられないことです。

 

退場してしまっては、チャンスがあっても掴むことはできません。

 

生き残るための投資スタイルを確立。

 

これが、投資初心者からの脱却はここがポイントではと考えています。

 

 

 

 

 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.