FX(スワップ運用)

スワップ運用全体(全種類の通貨)をまとめてみました!!

こんにちは。

 

ワタクシは、トルコリラ,メキシコペソ,南アフリカランドの

 

スワップ運用を行っています。

 

つい先日ですが、各通貨ペアを個別にまとめてみました。

 

そこで、今回ですが、その情報を用いて全体の運用状況としてまとめて、

 

年間の予想収益はどのような状況になっているかを

 

把握していきたいと思います。

 

「もっと早くからやっておけよっ!!」という声が聞こえてきそうです。。。。

 

そこはお許しください。

 

いかんせんついこの間(このブログを始める)まで、

 

長年成り行きで取引をおこなってきていました。

 

ただ、このようなスタイルはダメだと思い、

 

ブログを備忘録&分析ツールとして活用になったというのが事実です。

 

前置きは長くなりましたが、以下に現行の運用実績を記載していきます!!

 

 

 

 

スワップ運用全体

トルコリラ

過去記事はコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

トルコリラスワップ運用状況をまとめました!!

 

メキシコペソ

過去記事はコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メキシコペソスワップ運用の状況をまとめました!!

 

南アフリカランド

過去記事はコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

南アフリカランド スワップ運用まとめ

 

 

 

全体

トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド

すべてのスワップ収益を合算したものです。

これは一日あたりに得られるスワップ益と、

 

一か月あたりに得られるスワップ益をまとめたものです。

 

まとめ

まだまだ、期待するスワップ益には程遠い状況であることに気づきました。

 

ただ、一番気を付けないといけないのは、

 

ここで書いているスワップ益は将来保証されたものではないということです。

 

当然、各国の政策金利によって変動があるわけです。

 

ということは、今現在よりも、

 

一日当たりの見込み益は減少する可能性がありえます。

 

ですので、トレンドに乗りつつスワップポジションを

 

仕込むことができるかが大きなポイントになってくると考えています。

 

ワタクシの過去ポジションで

 

大きな含み損を抱えてしまっているもの(過去記事参照下さい)は、

 

完全に、その場の値ごろ感や雰囲気で取得したものです。

 

結局、それらのポジションは塩漬け状態になっています。

 

スワップ派といえども、トレードに根拠は見出して行っていきたいと思います。

 

ワタクシの失敗例を反面教師にして頂ければと考えておりますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

横長タイプ

-FX(スワップ運用)

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.