FX(スワップ運用)

ドル円が107円台に突入!ここで戻り売りという戦法もあり!?

こんにちは。

 

本日は、為替相場についてです。

 

ちまたのニュースなど色々な情報をチェックしています。

 

だいたい言われていることは、これから更なる円高が進むということです。

 

ワタクシの感覚としては、

 

目安として1ドル100円という感じの予測が多いように思えます。

 

ここはドル円売りで仕掛けても良い相場かなぁという気がしています。

 

 

今回は、ドル円チャートを見ながらFXのドル円売買戦略を検討してみることにします。

 

 

 

 

FXのドル円売買

大きい時間軸から小さい時間軸へとチャートを見て行きます。

 

要するに月足→週足→日足という流れでチャートを確認するということになります。

 

まずは月足チャート

チャートを見る限りはレンジ相場という見方が出来そうです。

 

チャート上は、相場にトレンドは発生していないということが言えそうです。

 

レンジの範囲は”104円ミドル~114円”と考えています。

 

ここで現行のサポートラインとして考えられる104円ミドルを割った場合は、

 

ドル円相場は1ドル100円台を目指すという予測が立てられそうです。

 

 

週足チャートを確認

週足をみても、月足と同じ状況であることが言えそうです。

 

要は、まだレンジ相場内をウロウロしているということですね。

 

■画像

ただしこのようにトレンドラインを引くことも可能だと考えています。

 

このトレンドラインに従って売買をするとすれば、

 

現在の107円付近で”売りエントリー”するということも考えてよいと思います。

そして、ストップロスを仕掛けるのであれば109円あたりと考えています。

 

ここでのポイントは利益と損失のバランスです。

 

107円でエントリーして、利益確定は104円ミドルと考えます。

 

ということで利益確定幅は約2.5円(107-104.5 = 2.5円)となります。

 

そして、損失確定幅約2.0円(107 – 109 = -2.0円)です。

 

ワタクシの場合は、勝ったときのほうが値幅を大きくとれるようにしています。

 

週足上は、このように判断しました。

 

日足チャートを確認

日足チャートを見ると、107円を少し超えた辺りにサポートラインを引くことができます。

 

ということですので、

 

ここらへんで、また円高へ進んでいくというのが可能性として考えられそうです。

 

 

そして、利益確定ポイントとしては、やっぱり下限のサポートラインということになります。

 

この日足チャートで見る限りは105円のチョット下あたりでしょうか。

 

週足で確認したときよりも、若干ですが利益確定の値幅を狭くしたほうが

 

良さそうな気がします。

 

そして、ストップロスの注文としては、やっぱり109円くらいになってくると思います。

 

とはいえ、107円を明確に超えた場合は、

 

次に109円あたりがサポートラインとしてワークしそうです。

 

まぁ、107円を明確に超えた場合は、この勝負は負けと判断したほうが良さそうです。

 

 

まとめ

基本的には何もしないで利益を積上げるという投資スタイルです。

 

ただ、今回のように、

 

自分なりにシュミレーションが出来たときは短期売買でも勝負をしています。

 

ということで、ワタクシなりの短期売買手法を紹介してみました。

 

確実に勝てるというわけではないので、そこはご了承ください。

 

あくまで投資は自己判断でお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

横長タイプ

-FX(スワップ運用)

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.