考え

今年の目標は何だったか?半年経って振り返ってみます。

こんにちは。

 

早いもので2019年も半分が過ぎ去ってしまいました。

 

年を重ねるごとに時間が早く進んでいく感じがしています。

 

みなさまは年の初めに目標を立てたりするのでしょうか?

 

わたしは、ある1つの目標を設定したのですが、

 

今の感覚では達成が難しい状況になってしまっています(๑•̥̥̥́ω•̀ू๑)ू

 

本気でやれば出来るッ!!達成出来るはずッ!!

 

でもやる気が出ないゥゥゥ

 

それはなんでだろう?!を考えて見ました~

 

 

私が立てた今年の目標

 

私が立てた今年の目標は、ザックリ以下の2点です。

 

  • 簿記2級&AFPの取得
  • 投資運用で年間200万円の利益

 

簿記2級

 

まず今回は簿記2級について書いていきますね。

(※投資運用の目標は、やり方、いわゆる運用方法の問題なのでチョット別の機会に色々考えて見ますね)

 

将来的に役に立つのか!?新たな挑戦。

 

今年の3月くらいまでは、本当に一生懸命勉強していたのです(←これ本当)。

 

ただ勉強を続けていくうちに、

 

勉強する理由が分からなくなってしまったんですよね。

 

なんとなく会計記帳に強くなれるんじゃないかなぁ、

 

くらいの感じで勉強を始めました。

 

後は、行政書士には会計記帳の業務もあります。、

 

行政書士になったときは役にたつかもという気持ちもあったのですが。。。。

 

※一応、行政書士資格は取得済みです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

忙しいサラリーマンでも出来る!行政書士試験合格 5つのコツ。

 

 

でも、あるときから、そもそも"行政書士になったときに

 

会計記帳業務やりたいの!?"って

 

考え始めてしまったのです。

 

会計記帳のニーズが市場にあるのかも分からないし( ̄▽ ̄;)

 

"まずは市場の需要があることを確認してからでも良くない?!"っていう

 

言い訳とともに挫折してしまっているわけでして~

 

AFP資格について

 

AFP資格も同じ感情で、計画中止しちゃってます。

 

これも相続業務なんかで役にたちそうですが、

 

今のところ民事系の業務をメインにしたいとも思っていません。

 

これAFP認定技能士過程を受講するのにお金払ってるんですよね~

*2万円くらいです。

 

こっちも目標が明確ではないということですね~

 

やっぱり民事系よりも、

 

許認可系や企業経営に関する業務のほうが面白そうなんですよね~

 

まぁ決してAFP資格がそれらに役立たないという意味ではないのです。

 

あくまで個人的な見解なんですけどねぇ。

 

まぁ、これも何だかんだ理由つけて挫折した感じになっているのです。

 

それでも新しい目標を立てました。

 

そんなわけで、へなちょこマインドで目標立てても挫折するのがオチですよっていう話をしてきました。

 

その代わりといっては何ですが、新しい目標を持って動き出しています!!

 

それは中小企業診断士っ

 

やる理由は、"投資に生きる!"、"行政書士のときにコンサル的な業務をやれるようにする(この目標は、簿記やAFPと同じ結果にならないようにしないと)"

 

まぁ、メイン目標は"投資活動"へのフル活用です!!

 

ここがブレなければ、そこそこ行けるんじゃないかと思ってます。

 

では~

。_(⌒(_´-ω-`)_

 

 

 

 

 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.