考え

運用資金を増やすのが大切

 こんにちは。

運用にまわすことが出来る総金額について考えてみます。

 

投資の元本

ここを増やすのはメチャクチャ重要ですよね。

仮に100万円を年利3%で運用した場合、1年間で3万円しか増えません。

一方、1億円を年利3%で運用できるとしたら、年間300万円の利益です。

贅沢しないのであれば、300万円で十分生活できてしまいます。



投資元本をどうやって増やせばよいか

とはいえ投資元本を増やすにはどうすればよいのか?

投資元本を十分に保有していない方は、ここで結構悩むところかもしれません。

でも結論は至ってシンプルになってくると思います。

ただひたすら労働収入で得た利益を蓄えるということになるでしょう。

言ってみれば、「労働収入のためにメチャクチャ頑張る」というのは、資産家への道においてファーストステージでしょう。

巨額の遺産を相続したり、宝くじで高額当選できたらラッキーですね。

大半の人にとって苦行とも言えるファーストステージを飛ばして次に進めてしまうわけです。



高収入の仕事に就く

投資元本を大きくするためには、元々の収入を増やす必要がでてきます。

できるだけ高収入の仕事に就いたほうがよいです。

単純に元本へ回せる金額が多いです。



出費の見直し

支出面の改善も重要ですね。

とりわけ固定費を見直すと効果が大きいと思います。

家賃、駐車場代、車、通信費、この辺は削減しやすいかと。

あとは、個々のライフスタイルをしっかりチェックして検討です。

結局、収入が多くても贅沢していては投資元本を作ることはできません。

毎月の手残りをしっかり意識したほうが良いです。後は、毎月の貯蓄目標額も重要ですね。

 

労働収入を得ている時期から投資の勉強を始める

投資元本が貯まる前から投資の勉強をしておいたほうが効率的です。

労働収入と平行して投資活動をしたほうが良いでしょう。

思い立ったら即行動しちゃうくらいのほうが、時間短縮になる可能性が高いと思います。

 





 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.