考え

終身雇用制度が終わる!?これからの生き方についてチョットだけ考えてみる。

最近の気になったニュースについてです。

 

これからの終身雇用制度


つい先日、終身雇用制度の維持が難しいなんて話題がニュースで取り上げられていました。

この情報発信元は、経団連会長&トヨタ自動車社長です。

この話は、私にとってもけっこう衝撃的でした。

なんといっても日本の経済界重鎮による発言ですからね。

このタイミングで、このようなメッセージを発するということは、裏に何か意図があるのかと勘ぐってしまいます。

ただ私は、そう遠くない未来に実現するというふうに感じています。



これからの時代正社員でも安泰ではない

これからは、大手企業に正社員として勤めれば安泰ということはないかもしれません。

今の法律上、正社員であれば簡単に解雇できないのが現状です。


今回あった情報発信は時代変化の予兆でしょうか。

これから法律の改正によって正社員でも解雇しやすくなっていくことも考えられます。

会社に定年までしがみついて生きるということが難しくなってくることも覚悟しておいたほうが良さそうです。



自分の力で生きていかないといけない時代

会社だけからの収入に頼っていては、生き残れなくなってしまうのでしょうか。

十分にありえると思います。

これは想定しておくに越したことはないでしょう。

制度は段階的に変わっていくでしょう。

ある日、突然、「明日から解雇!」などという状況に陥ることはないはすです。

でも実際に事態が起こってから動き出していては遅いような気がしています。



副業というものに目を向け、実際に行動へ移すタイミングへ

 

会社の業務にコミットすることはとても重要です。

終身雇用が終わっても、会社側から求められる人材で有り続ければ良い話ですから。

でも世の中には、不可抗力や理不尽な出来事が起こりえますよね。

多くの人は、リスクヘッジをしながら生きていくことが求められるのではないでしょうか。

その最たるものが副業になっていくると思います。

人それぞれ生活スタイルや得手不得手も違います。

各々がスキルや資産の棚卸しを行い、未来に備える必要があります。

終身雇用制度が終焉を迎える前に自力で生き残る力を身につけましょう。

 





 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.