未分類 考え

投資にリスク管理は大事

こんにちは。

今回は投資をスタートするときの話です。

 

小さくスタートする。

ぶっちゃけ、これは結構基本になってくると思います。

ちょっとビジネスを始めるのに似ているのではないでしょうか。

いきなり経験値なしで飛び込むと危険な世界です。

授業料として割り切れる金額で始めるのがよいでしょう。

 



普段の生活に影響が出ないようにする。

投資額ですが、普段の生活に影響が出ないようにしましょう。

日常生活に必要な出費分を投資に当てて失ったりしたら大変ですよね。

「電気、ガス、水道代」その他もろもろの出費は毎月発生します。

こういった、基礎消費で必要な部分は、投資するお金と分けておかないといけません。

日常の出費が払えなくなったら元も子もないですから。


私の失敗例。

私がFXを開始したときは300万~400万円程の資金を投入しました。

2008年頃です。

結局リーマンショックが来て、その資金は全て吹き飛びました。

そのときは短期トレード中心で、買い注文しか行っていませんでした。

強い下落相場で買い注文しなければ負けますよね。

経験値が少ない中で多額の資金を投入するのは危険だということを体感しました。

 


投資スタイルの変化

その失敗以来、運用利回りやリスク許容額を意識するようになりました。

中長期的な投資スタイルについて学びました。

かなり地味な手法ですが以下2点を軸に運用しています。

 

・眠っているお金をスワップ、トラリピ、株式配当など長期投資にまわす

・短期で勝てそうな相場だけエントリーする。

 

いまでは着実に資産額を大きくするために派手な取引手法を控えることにしています。

 

まとめ

短期トレードだけでも十分に利益がとれれば良いのですが、私を含め多くの人はそうではないと思います。

リスク管理に重点をおいて投資しないと痛い目に会うかもしれません。

投資に興味がある、これから始めようと思っている貴方、十分ご注意下さい

m(_ _)m





 

横長タイプ

-未分類, 考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.