考え

運用に大切な考えかた。スケールメリットを活かしましょう!

スケールメリットについて

 

間単にいうと運用額が大きくなればなるほどリターンが大きく稼ぐことできるということです。

スワップ運用は資金管理がとても重要です。

これさえできていれば、短期的な相場の値動きに一喜一憂する必要はなくなります。

その点からみて、精神衛生上、とても良いと言えるのではないでしょうか。

 

とはいえ、まとまった投資元本を投入しないとリターンが少なくなるのも事実です。

 

以下に実例を記載しておきます。

 

 

1億円を年利10%で運用した場合

 

      1年後に1億1000万円になります。

 

     

1000万円を年利10%で運用した場合

        1年後に1,100万円

       

 同じ年率でも運用額によって差が発生

              9,000万円もの開きが発生してしまいました。

          投資元本が大きいほうが大きく設けられることになります。

 

 

 

複利の力も活用

 

ここは長期的にモノゴトを見ていきましょう。

 

こんな素敵な言葉があります。

 

人類最大の発明は複利である

アインシュタイン

 

1,000万円を単利5%で運用した場合

 

1年後:1,050万円

2年後:1,100万円

3年後:1,150万円

4年後:1,200万円

5年後:1,250万円

6年後:1,300万円

7年後:1,350万円

8年後:1,400万円

9年後:1,450万円

10年後:1,500万円

 

10年の運用で500万円増加です。

 

1,000万円を複利5%で運用した場合

 

1年後:1,050万円

2年後:1,102.5万円

3年後:1,157.6万円

4年後:1,215.5万円

5年後:1,276.3万円

6年後:1,340.1万円

7年後:1,407.1万円

8年後:1,477.5万円

9年後:1,551.3万円

10年後:1,628.9万円

 

10年の運用で628.9万円増加します

 

グラフで確認

 

グラフ上では30年まで比較しています。

年数が経てば経つほど、その差は大きくなっていることが分かります。

 

大切なのはゲットした利益を全額再投資

 

獲得した利益は全額再投資にまわすようにすると、

複利の力を十分に生かすことができるでしょう。

運用を始めたばかりで、投資元本が少ないときは余り増えませんが、

10年を過ぎたあたりからの伸び率は大きくなってきます。

 

 

 

  

 

 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.