考え

習慣を変えよう!へなちょこマインドからの脱却を目指すのだ!

こんにちは。

 

投資を始めたいなんて口では言っておきながら、

 

実際に行動へ移せる人は少ないのではないですか~

 

私の近しい人たちを見ていて、そう思ってしまいます。。。。

 

とりわけ職場の同僚はそうですねぇ、株・FX・不動産その他投資関連を

 

行っている人はとても少ないんですよ。

 

いやいや、もしかしたら私に対しては、

 

資産運用をしていることを秘密にしているのかも!?」(((;°Д°;))))

 

ただ私が知らないだけで、

 

もしかして同じ会社内にお金持ちアピールしてない隠れ資産家が

 

いるのかもしれません。

 

それはそれで、私はとってもハッピーです。

 

みんなが、沢山お金を使って日本経済に貢献しましょう( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ただただ、現実的なところに目を向けると

 

資産運用している人は極々少数でしょうね。

 

会話の中でなんとなくわかってしまうんです。それは感覚的に

(۳˚Д˚)۳= ▁▂▃▅▆▇█▓▒

 

大体そのような人たちのコメントで多いのは「資産運用はリスクが大きい

 

"リスク"

 

資産運用をやってない人は、この言葉をとても恐れてないですか??

 

かく言うワタシも投資を始める十数年前は、

 

お金を失う恐怖を感じていた一人なのです。

 

どうしても、投資をするとお金が無くなってしまう

 

という感覚が沸いてきてしまう状況でした。。。。

 

今思えば、これがマインドブロックってやつだったのでしょう。

 

そして、その"マインドブロック"が”リスク"という使いやすい言葉で、

 

今いる自分の場所から動こうとすることを止めさせようとしていたと思います。

 

私たち人間(←人間だけじゃないか)は、環境に適応して生きています。

 

生命維持のためには、"マインドブロック"はきっと必要なんだと思います。

 

でもねぇ、これが邪魔している限り

 

富裕層への道は開けないんじゃないでしょうか??

 

以下に、私の投資に対するスタンスの変化を書いていきます。

 

 

私の場合はこうやって考えを変化させていった

 

無意識のうちに、富裕層でない自分に居心地の良さを感じていませんか?

 

私の場合ですが、まずはここに気付けたことが大きかった╭( ・ᄇ・)̑ﻭ ̑ グッ !

 

そこで、一歩前進。

 

ここに気付けたので行動に移せたのです!

 

十数年前のワタシは、徹底的に投資関連の本を読みまくりました。

 

そこで取引方法、リスク管理、市場動向の判断etcetcの

 

予備知識を得ることができたと思っています。

 

基本的な知識を手に入れたと同時期に、実践へ突入です( ๑>ω•́ )ﻭ✧

 

リアルマネーを市場に投入!

 

*最初は失敗する回数のほうが多いので、

どこまで損をして良いかも決めておきましょうね~

 

最初のうちの失敗は授業料と割り切ってました!

 

お金で経験を買ったと思えばよいという感覚でした!

 

そうやって毎日相場と向き合うことによって、

 

投資している自分が普通に感じられるようになったのです。

 

まとめ

 

結論的には、投資するのを習慣化してしまうことに

 

コツがあるのではないでしょうか?

 

これが習慣化できれば、

 

自然とマインドブロックが外れているみたいな感じです。

 

この記事ではかなり短く私の実体験を書いていますが、

 

実際のところは試行錯誤の繰り返しでした。

 

なんせ、投資について独学だったので。。。。

 

手探りで何とか前に進んでいったので、本当に苦労しました。

 

今だと、本だけでなくネット等いろいろな情報がタダで沢山手に入ります。

 

中には誤った情報もあるかもしれないので注意は必要ですが、

 

昔よりは投資に対するハードルは低くなっているのではないでしょうか?

 

"習慣が変わったその先に、

 

輝かしい未来がある"と信じて”マインドブロック”を外しましょう!

 

※補足

 

マインドブロックは自分を次のステージに進めようとするときに、

 

必ず存在するようです。

 

そういった意味では、マインドブロックとの戦いは果てしなく続くと思っておいたほうが良いかもしれませんね(¯∇¯٥)

 

この話は、またどこかのの機会に書いてみたいと思います。

 

 

 

横長タイプ

-考え

Copyright© 実践を通して投資を学ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.